1985-shin2:

by Kalbsroulade http://flic.kr/p/pfsS8F

1985-shin2:

by Kalbsroulade http://flic.kr/p/pfsS8F

(via u1u11)

This was posted 2 days ago. It has 5 notes. .

(via sesalan)

This was posted 2 days ago. It has 1,949 notes. .
秋田県の農業の余剰労働力は、農村部に進出してきた繊維や衣服、軽度な電子機器の組み立てなど、単純型の製造業が受け皿となってきた。しかし、ここ20年くらいは、こうした製造業は人件費が安い海外に移っていった。この結果、農村部は余剰労働力を養えなくなった
論点:地方消滅の衝撃 - 毎日新聞
This was posted 2 days ago. It has 0 notes.

(Source: youtube.com)

This was posted 3 days ago. It has 0 notes.

(Source: youtube.com)

This was posted 3 days ago. It has 0 notes.

Mercer博士のひと

(Source: youtube.com)

This was posted 3 days ago. It has 0 notes.
demons:

An Australian sentry on duty near Fleurbaix/June 1916

demons:

An Australian sentry on duty near Fleurbaix/June 1916

(Source: iwm.org.uk, via roses-and-railways)

This was posted 3 days ago. It has 215 notes. .

Come back! …COME BACK!!

(Source: youtube.com)

This was posted 3 days ago. It has 0 notes.
アジア大会で、スタジアムが閑散としてるのは珍しいことではなく
空席が目立つアジア大会、仁川市は「低予算でアジアの模範に」 写真13枚 国際ニュース:AFPBB News
This was posted 3 days ago. It has 0 notes.

(Source: youtube.com)

This was posted 3 days ago. It has 0 notes.

オレタチノクルーニー

(Source: youtube.com)

This was posted 3 days ago. It has 0 notes.

NTTドコモと韓国の翻訳ソフトウエア開発会社のシストラン・インターナショナル、音声認識技術サービス会社のフュートレック(大阪市)は29日、翻訳事業会社を共同出資で設立することで合意したと発表した。訪日客相手のサービスや海外とのビジネスが活発化する中、世界最高レベルの機械翻訳技術によって「言葉の壁」を超えたいと考える個人・法人需要を取り込む。

3社は10月に新会社「みらい翻訳」を設立する。資本金は9億9000万円で、ドコモが51%を出資し、シストランが30%、フュートレックが19%を出す。ドコモの栄藤稔執行役員が社長に就任する予定。独立行政法人の情報通信研究機構とNTTからも技術支援を受け、日本語を軸とした多言語機械翻訳システムを開発する

世界最高水準の機械翻訳会社を設立へ NTTドコモなど3社 - MSN産経ニュース
This was posted 3 days ago. It has 0 notes.

高速交通ネットワークの整備や既存高速道の活用で2050年で60~70の30万人都市圏を維持しようというのが「高次地方都市連合」の眼目である。集落が散在する山間地域などは約5000の「小さな拠点」を設け、生活拠点とするよう提言した。

 地方創生本部が今後取りまとめる中長期ビジョンでは各省が走り始めた「拠点」をどう捉え、整理していくかが問われる。ただ、町村には人口減少問題が「選択と集中」に向かうことへの強い警戒がある。
 
とはいえ人口減少の下で「拠点」論議はやはり避けられないだろう。総務省が自治体の連携強化に舵を切ったのは「平成の大合併」第2弾のような規模拡大では人口減少に対応できず、非現実的だと見極めをつけたためだ。

都道府県による町村の事務代行も事実上、現行地方制度の存続を前提にした制度だ。実際に今回の議論が市町村合併への圧力につながるとすれば、それは地方交付税の圧縮論議という形で表れる可能性が強い

平成26年09月 「地方創生」の背景と論点/全国知事会ホームページ
This was posted 3 days ago. It has 0 notes.

国土交通省は「国土のグランドデザイン2050」を取りまとめ、人口減少対策として人口30万人規模の地方都市圏を維持する「高次地方都市連合」を打ち出した。

同省は自動車で60分以内で移動し得る圏域を「都市圏」としたうえで、人口30万人規模の維持が高度な都市機能のためには必要とした。現時点でこうした圏域は61あるが、人口減少で2050年には以下の18都市圏で「30万人」確保は困難だと分析している。


△函館(北海道)
△旭川(北海道)
△帯広(北海道)
△苫小牧(北海道)
△青森(青森)
△弘前(青森)
△鶴岡・酒田(山形)
△いわき(福島)
△日立(茨城)
△那須塩原(栃木)
△鳥取(鳥取)
△米子(鳥取)
△周南(山口)
△山口・防府(山口)
△丸亀(香川)
△新居浜・西条(愛媛)
△佐世保(長崎)
△都城(宮崎)

平成26年09月 「地方創生」の背景と論点/全国知事会ホームページ
This was posted 3 days ago. It has 0 notes.

さきの通常国会で成立した改正地方自治法には自治体同志が言わば「条約」を結ぶことで直接機能を補完しあえる連携協約制度が盛り込まれた。総務省は地方中枢拠点都市のモデルとして政令市、中核市のうち姫路、盛岡、倉敷、広島、福山、下関・北九州、熊本、宮崎の9市をすでに選定している。

改正地方自治法では同時に、都道府県による過疎町村などの事務の代行を念頭に置いた代替執行も制度化されている。代替執行の場合、行政事務はあくまで町村の名において行われる。都道府県が管理執行にあたるものの、その効力は町村に帰属する

平成26年09月 「地方創生」の背景と論点/全国知事会ホームページ
This was posted 3 days ago. It has 0 notes.