mendenlama:

WW1: Playing cards with gas masks

mendenlama:

WW1: Playing cards with gas masks

(Source: spiegel.de)

This was posted 1 day ago. It has 32 notes. .
lotusgurl:

smartartgalleries:

'Love? What is it? The most natural painkiller there is. LOVE.'
William Burroughs, last journal entry 30th July 1997

Awww.

lotusgurl:

smartartgalleries:

'Love? What is it? The most natural painkiller there is. LOVE.'

William Burroughs, last journal entry 30th July 1997

Awww.

(via workman)

This was posted 1 day ago. It has 203 notes. .

どこを相手の戦勝かというとギリシャに対して。トルコ共和国が独立する際に周辺諸国と戦ったが、一番大きな敵がギリシア。

第一次世界大戦でのオスマン帝国の敗北に乗じて、1919年侵攻してきたギリシアの軍勢を、ケマル・アタチュルク率いるトルコ軍が撃退して現在の領域を確保したのが1922年8月30日。この日が戦勝記念日とされている。

詳細を記せば、8月26日-30日の「ドゥムルプナルの戦い(Battle of Dumlupınar)」あるいはトルコの言い方で「総司令官の野戦(Başkumandanlık Meydan Muharebesi)」 でトルコがギリシアに勝利し、トルコ独立戦争の大勢が決したのがこの日。

近代のトルコ共和国が現在の領域に、国際社会の承認を得て正式に成立したのはその翌年の1923年。その実質が船上で定まったのが1922年の8月30日ということになる

トルコの戦勝記念日(共和国の領土の確保) - 中東・イスラーム学の風姿花伝
This was posted 1 day ago. It has 0 notes.
コンサルティング会社は高度な事業運営を行う印象があるが、実際は泥くさい労働集約型のビジネスである。一般に全社コストの大半がコンサルタントの人件費。シグマクシスの場合も、平均年収1041万円に上る従業員の人件費が全コストの7割を占める。同社の全従業員390人のうち、9割はコンサルタントだ。要は、彼らをいかに“高い単価”で“たくさん稼働”させるかによって収益性は決まる
気鋭の三菱商事系コンサルはなぜ躓いたか | 企業戦略 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
This was posted 1 day ago. It has 29 notes.

医療法が改正され、2015年10月1日から新たな医療事故調査制度が施行される。ただ、まだ法律ができたにすぎず、医療現場の動向に実際上は大きな影響を与える厚生労働省令(医療法施行規則)も告示もガイドラインもできていない。

改正された医療法第6条の10第1項では、「医療事故」について、「当該病院等に勤務する医療従事者が提供した医療に起因し、又は起因すると疑われる死亡又は死産であって、当該管理者が当該死亡又は死産を予期しなかったものとして厚生労働省令で定めるもの」と定義された。現場の主治医その他の医師らが提供した医療による死亡につき、その予期の判断主体は「管理者」だとされている

Vol.182 予期の判断主体 ~届出は病院内で誰もが予期しなかった場合に限るべき | MRIC by 医療ガバナンス学会
This was posted 2 days ago. It has 0 notes.

一部の県では、国公立大学医学部がありません。例えば、岩手県です。この県にある医学部は私立の岩手医大だけです。卒業までに必要な費用は3400万円です。通常の家庭に育った高校生は進学できません。岩手県の高校生が国公立の医学部を受験しようとした場合、他県の大学を受験しなければいけません。

では、医学部を目指す岩手県の高校生は、どこを受験するでしょうか。皆さん、関東の大学をイメージされるでしょう。ところが、岩手県の高校生が関東の国立大学医学部に進学するのは、極めて稀です。それは、関東地方に国公立の医学部が不足しているからです。関東の人口は約4200万人ですが、国公立大学の医学部は6校しかありません。人口380万人の四国に4校の国立大学医学部があるのとは対照的です

医学部設立の歴史から見えてくる地域差 | 森田知宏
This was posted 2 days ago. It has 0 notes.
私立大学では私立大学等経常費補助金という形の補助金がありますが、国立大学とは全くレベルが違います。私立医科大学のなかでトップの東京女子医科大学でも38億円しか支援を受けておらず、大半は20億円程度です。当然、学費には差が出てきます。国公立では年間50万円強なのに対し、私立では授業料、施設費などあわせて年間300万円、場合によっては1000万円近く必要なところもあります
医学部設立の歴史から見えてくる地域差 | 森田知宏
This was posted 2 days ago. It has 0 notes.

国立大学は国がつくったもので、現在も運営交付金という形で国が補助しています。総額1兆1000億円程度が、国立大学に支払われます。受け取った大学は、主に教員や事務関係者の人件費などに充てられます。

運営交付金は、各大学一律に貰う訳ではありません。最も多いのは東大の840億円、ついで京大の560億円と旧官立七帝大が続きます。そして、その後に広島大、東京工大、神戸大、岡山大などの戦前からの大学が並びます。東京工大を除き、上位陣に名を連ねる大学は、全て医学部を持っています。

例えば、国立の単科の医科大学である旭川医科大学、浜松医科大学、滋賀医科大学を例に考えてみましょう。このような大学が受け取っている運営交付金は、毎年50-60億円です。これは、埼玉大学、宇都宮大学、さらに一橋大学が受け取る運営交付金の総額と、ほぼ同額です

医学部設立の歴史から見えてくる地域差 | 森田知宏
This was posted 2 days ago. It has 0 notes.
医学部設立の歴史から見えてくる地域差 | 森田知宏

医学部設立の歴史から見えてくる地域差 | 森田知宏

This was posted 2 days ago. It has 0 notes. .

Seiho Takeuchi

Seiho Takeuchi

This was posted 2 days ago. It has 9 notes. .
cacaotree:

Takeuchi Seiho (1864 - 1942)

cacaotree:

Takeuchi Seiho (1864 - 1942)

(Source: fujiarts.com)

This was posted 2 days ago. It has 220 notes. .
beifongkendo:

'Horse', ink painting by Takeuchi Seiho.

beifongkendo:

'Horse', ink painting by Takeuchi Seiho.

This was posted 2 days ago. It has 40 notes. .
illidill:

Seiho Takeuchi

illidill:

Seiho Takeuchi

This was posted 2 days ago. It has 15 notes. .

オニグモの遺伝子をカイコに組み込んでクモ糸の利点を引き出した。従来の生糸に比べて1.5倍切れにくく、衣服や手術用の縫合糸、耐火性の防災ロープなど幅広い分野に利用できる可能性がある。

クモは肉食で共食いするため、大量飼育によるクモ糸の生産はできなかった。そこで、チームは、遺伝子組み換え技術を応用してカイコにクモの特徴を持った糸を作らせることを発案。2007年に実験用のカイコで遺伝子組み換えに成功したが、強度が不十分だった。

今回、養蚕に使われている品種で試した結果、従来の生糸に比べて、強度が約20%、伸び率は約30%それぞれ増すなど、性能が大幅に向上した

カイコ:クモ遺伝子組み込み…生糸の1.5倍強い糸誕生 - 毎日新聞
This was posted 2 days ago. It has 0 notes.

先天性疾患のある胎児の分娩と高度救命救急を担う、道内で唯一の「特定機能周産期母子医療センター」に指定されている道立子ども総合医療・療育センター(札幌市手稲区、愛称=コドモックル)で、産科の常勤医師が4月から不在になっている。道は「必要に応じて札幌医大の非常勤医師を派遣して対応する」としているが、産科は外来診療が4月以降休止し、分娩も行われておらず、機能停止状態に陥っている。

コドモックルは、先天性疾患がある胎児の分娩から新生児の高度治療まで1カ所で行うことができ、心疾患や水頭症などの胎児の救命率向上を目指す施設。2007年9月に開設。母子医療センターに、リスクの高い出産に備える母性病床12床、新生児集中治療室(NICU)9床を備える。

産科は開設当初から医師3人の定員を満たせず、2人でスタート。昨年3月に1人が退職、今年3月末に残る50代の医師も体調不良などを理由に退職した。

年間で延べ約200人が利用していた産科の外来診療(週3回)は4月から休止。分娩もピーク時の10年度に22件、昨年度も11件の実績があったが、本年度は1件もない。道は非常勤医師による分娩は今も可能とするが、常勤医師がいない状態では出産後の母体の危険などへの対応が難しく、本年度は分娩を札医大病院などに回している

道立「療育センター」産科医不在に 今年度、分娩ゼロ 外来診療も休止-北海道新聞[暮らし・話題]
This was posted 2 days ago. It has 0 notes.