「筆触」の所作に必ず随伴するところの、被書字物である対象(紙であれ石板であれ)を蝕むという側面
SHISHOUSETU - 石川九楊『筆蝕の構造』
This was posted 2 years ago. It has 0 notes.