ペンであれ鉛筆であれ毛筆であれ、その先端が被書字物(紙面)に触れて痕跡を産み出すこと、そこで生じる物理的な摩擦や抵抗を含めた微妙な作用、反作用の過程的な構造の全体が「書く」こと

SHISHOUSETU - 石川九楊『筆蝕の構造』


石川九楊はたぶん三浦つとむ系統の理論的素養があるひとなんだとおもう

This was posted 2 years ago. It has 0 notes.