〈筆蝕〉の生じる場が書き手の身体、指先よりわずか数センチずれて間接化しているだけのことが表出の上では決定的なことなのだ
SHISHOUSETU - 石川九楊『筆蝕の構造』
This was posted 2 years ago. It has 0 notes.