出版流通における金融機関としての取次、という視点で見逃せないのは、出版社が本と取次に納入すると、書店からの売上金を待たずに、売上見込み金を支払ってもらえる仕組みでしょう。書籍の点数を増やして、薄利多売でしのぐ出版社の戦略は、この取次からの売上見込み金による自転車操業を前提にしている側面があります
『ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない』:紙魚:So-netブログ
This was posted 1 year ago. It has 0 notes.