まず人材を新たに採用しようとしたときに、とんでもなくコストがかかります。

求人広告を出すなら広告費が、人材会社を使うならエージェントへのマージンがかかります。最悪、掲載費のいらない自社ウェブサイト上で告知を出したとしても、応募者からのメールを捌き、一次審査をし、面接の日程調整をし、面接を行い、選考をし、採用/不採用通知を送り、初日に備えてPCやデスクなどの備品を揃えて席を用意する。

これ以外にも人事手続きの手配や雇用契約など、様々な人を巻き込んで進むのが「採用」です

「社員を使い潰す」デメリット - インターネットの備忘録
This was posted 2 years ago. It has 0 notes.