小さい会社に限らず、スピード!!スピード!!スピード!!とか言う会社とか朝礼で社訓を暗誦しなければいけない会社とかトイレに「会社のミッション」がでっかく掲げてある会社とか急成長を遂げようとする会社はだいたい新興宗教的な匂いがします。

一体感を持って会社を運営するにはそれなり「洗脳」的な要素も必要で、心酔した人間が多いほど社内スタッフの結びつきは強固になりますが、それに馴染めないとあっという間に辞めて行ってしまいます。

激務であれ仕事を遂行するだけならまだしも、謎の社内行事などにも参加を強制されたとき「いいですね!面白いですね!」と喜んでくれるのか、「えっそんなことしてんの引くわ…」となるのかは、実際にやってみないと分からない。

ある程度、社風が強烈で外部にも「あそこはああいう会社」と伝わっているならまだしも、そういう強烈な会社はやはりまだごく一部で、入ってみて「あれ…なんか……変…?」というボディーブローがじわじわくるヘンテコ会社の方が圧倒数ではないでしょうか

「社員を使い潰す」デメリット - インターネットの備忘録
This was posted 2 years ago. It has 0 notes.